• HOME
  • JLSA個人会員(障害のある方向け)

JLSA個人会員のご案内(障害のある方向け)

障害のあるご本人、ご家族、支援者の方々が日常生活を安心して暮らせるように、様々な課題やトラブルからお守りするサービス(わたしのお守り総合補償制度など)を提供しております。

JLSA個人会員(障害のある方向け)

障害のある方、そのご家族及び支援者の皆様は、日頃こんなお悩みを抱えていませんか?

トラブルに巻き込まれたら・・・

通勤途中などトラブルを起こしてしまったら

職場で不当労働があったら・・・

トラブルに巻きこまれる不安 訪問販売で不当に高価なものを売りつけられるなど悪徳商法に引っかかってしまった・・・
 外で奇声をあげるなど、身柄を拘束されてしまった・・・
 最近、家にイタズラで落書きをされてしまった・・・
トラブルを起こしてしまう不安 通勤途中でパニックを起こし、静止しようとした人の顔に手が当たってケガをさせてしまった・・・
 自転車に乗っていた際に、他の通行人にぶつかり、ケガを負わせてしまった・・・
 デパートで買い物中に、売り場の物に当たって商品を壊してしまい、弁償しなければならなくなった・・・
就労時の不安 職場でのイジメ、言われのない誹謗中傷を受けてしまった・・・
 過度な残業など明らかな不当労働に晒されてしまった・・・
 いきなり、不当解雇にあってしまった・・・

 
上記のお悩み、決して諦めないでください!!
我々も一緒になって、お悩みを解決致します!

一般社団法人 全国地域生活支援機構(以下、JLSA)では、障害のある方・ご家族・親族やその支援者等の方が安心して生活を送ることができるサービスを独自に企画・開発し、ご提供しております。

JLSA個人会員にご加入頂くと、以下の”わたしのお守り総合補償制度”を含めた3つのサービスをご利用頂けます。

 JLSA個人会員のご案内 
わたしのお守り総合補償制度を含めた会員サービス

NHKニュース番組で、わたしのお守り総合補償制度を特集


ニュースのポイント!
●対象となる方:
 精神、身体、知的障害のある方、高齢者・認知症の方、ご家族、支援者の方

わたしのお守り総合補償制度 3大特徴 1.大手損保初 日常生活のトラブルに対する弁護士費用の補償
2.第三者へ損害を与えて法律上の損害賠償責任を負ったときの補償
3.ケガの補償



 JLSAでは、精神障害、知的障害、身体障害の方、ご家族、その支援者の皆さまが、お住まいの地域で安心して生活ができるサービスを提供しております。その1つのとして、JLSA個人会員にご入会頂けると、皆さまの日頃のお悩みをご支援するために、わたしのお守り総合補償制度(引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社)を提供致します。このわたしのお守り総合補償制度では、偶発的な事故による第三者への損害賠償や被害事故による法的トラブル時の弁護士費用、更に、ケガをされた時の補償がされる制度になっています。

特徴1 第三者に損害を与えた場合 障害のある方が日常生活で生じた偶発的な事故により、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したことにより、被害者からご本人・ご家族、その支援者(後見人)が民事損害賠償を請求された場合に補償されます。

例)
・施設利用時にパニックを起こして、施設のガラスを割ってしまった。
・就業先でパニックを起こし、就業先の機械を損傷させてしまった。
・自転車走行中に、他の通行人に当たって、ケガを負わせてしまった。


事故発生時には、契約損害保険会社との示談交渉サービスがあるので安心です!
※トラブル時における相手方との交渉はとても重要です。トラブル対応に長けた損害保険会社がしっかり対応致します。

特徴2 弁護士に相談・委任した場合
下記の6つの法的トラブルで、弁護士に相談・委任した時の費用の補償があります!

1.被害事故(訪問販売で不当に高額商品を買わされた、歩行中に自転車に追突されケガをした。)
2.人格権侵害(通勤途上で受けた差別行為やいじめなどなど)
3.労働(上司からサービス残業を強要された。突然内定を取り消された。理由もなく不当解雇された。一方的に雇用条件を変更されて賃金を減らされた。)
4.借地・借家トラブル(大家から正当な理由なく立ち退きを求められたなど)
5.遺産分割調停(兄弟間などで遺産分割の協議がまとまらない、相続時の権利が侵害されたなど)
6.離婚(夫婦間の協議がまとまらず、調停で離婚手続きを進めるしかなくなった。)

特徴3 事故でケガをしてしまった場合日常生活や就業中、施設利用時や旅行中などで、事故にあってケガをした場合の補償があります。

例)
・施設で作業中に、ハンマーでケガをしてしまった
・通勤途中でのケガを補償(駅の階段から落ちたケガをしたなど)

特徴4 無料電話相談サービス「わたしのお守り総合補償制度」にご加入頂いている皆さま全員が、各種無料電話相談サービスを利用できます。

1.メディカル&関連サポートサービス
・医療機関情報提供(夜中の救急病院も紹介)
・健康、医療相談  
・介護相談  
・育児相談
・健康管理相談   
・健康チェックサポート
・予約制専門医相談 
・公的給付相談(予約制)
・法律、税金相談(予約制・30分間)
 ※一般的な法律・税金に関する相談に、弁護士、司法書士又は税理士がお答えするものです。

2.メンタルヘルスサービス
・メンタルヘルス相談
・メンタルITサポート(Webストレスチェック)

※3障害対応 わたしのお守り総合補償制度に関する詳しいお問い合わせは、当社団の専任保険代理店「株式会社グリット」(電話:03-6908-7317)まで、ご連絡ください。
※わたしのお守り総合補償制度に関する資料は、こちらから閲覧することができます。↓↓↓


後見業務のスペシャリストをコーディネート
 ご家族の方が判断能力が乏しくなった場合、ご本人に代わって、生活面や財産管理などの契約行為を行う等、成年後見制度の利用を検討する場面に遭遇します。このような時、JLSA個人会員の方には、無料で、成年後見制度の利活用の仕方をJLSAの専門家が丁寧にわかりやすくアドバイス致します。また、必要に応じて、後見業務に精通したスペシャリストをご紹介いたします。

特徴1.後見のプロフェショナルとして活躍する士業の方や各地域で活躍する法定後見法人をお探しの場合、ご相談を受け付けます。
2.後見人を選任するまでの一連の相談対応を致します。


日常生活及び就労に役立つ情報を定期配信します。
  JLSAでは、個人会員の方にむけ、定期的にお役立ち情報を配信しております。生活面での悩み、金銭管理の問題、トラブルが起きた時の対処法などをわかりやすく情報提供しております。また、国の施策で利用できる情報なども配信しております。

特徴1.生活支援事業者の紹介及び選定方法のアドバイス
2.国等が発信するお役立ち情報をわかりやすく解説して配信
3.その他、就労に関することや各種専門家からお役立ち情報を配信


JLSA個人会員の会費

わたしのお守り総合補償制度は、JLSA個人会員となることで利用できるサービスです。なお、JLSA個人会員への入会に際しては、以下の入会金と制度掛金をご負担いただきます。

 

項目 金額 備考
入会金 500円 ※初年度のみ。会員登録のための事務手数料となります。
制度掛金 13,010円~23,100円 (内訳)
月々170円 会員制度運営費(システム維持費、情報配信費用等)
10,970円~21,060円 わたしのお守り総合補償制度(補償内容により自由にご選択頂けます。)


JLSA個人会員になる方法

1.まずは無料で資料を取り寄せて、じっくり検討したい方
JLSA個人会員制度について詳しく知りたい方は、下記の「資料料請求はこちらから」のボタンをクリックし、ホームページからお申込み頂くか、お電話(03-5337-8052)にてお問い合わせください。後日、頂いたメールアドレスまたは郵送にて、「JLSA個人会員 サービス案内書」をご送付致します。

2.今、すぐにJLSA個人会員として入会手続きをしたい方
JLSA個人会員として、会員登録を希望される方は、下記の「入会手続きはこちらから」をクリックして頂き、WEB上から必要事項を記入して頂いた後、後日郵送した書類に会員申込申請書などにご記入頂きます(お電話での対応も可能です。03-5337-8052)。その後、JLSAで定期的に行うJLSA個人会員承認委員会で承認された後、登録手続きを行って頂きます。