横浜市障害者施設様とコラボ ウエルカフェマルシェ開催

障害者施設 ウエルカフェマルシェ
障害者就労

はじめに

2021年11月6日(土)10:00~15:00まで、横浜市青葉区美しが丘のウエルシア様で、近隣の障害者施設様とコラボして、ウエルカフェマルシェを開催しました。

コロナ禍の中、製品を販売をするイベントが失われてしまった中、今回もウエルシア様の協力を得て、障害者施設様で精魂込めて作った製品を販売する機会を設けることができました。

この取り組みを始めてもうすぐ3年、地域の方たちにも浸透してきたようです。今回は、このサイトの編集長加藤が、同イベントの実施報告をします。



【障害のある方・ご家族向け】
日常生活のトラブルからお守りします!
詳しくは下記の無料動画で 


JLSA個人会員「わたしお守り総合補償制度」
 無料資料請求はこちらから




1.横浜市青葉区美しが丘のウエルシア様で、ウエルシアカフェが開催!

 当社団も後援として協力しております「ウエルカフェマルシェ」。横浜市青葉区美しが丘のウエルシア様の協力で、今回も無事、開催の運びとなりました。

https://stores.welcia.co.jp/2027D

この障害者施設様とウエルシア様を結びつけ、地域貢献をしていきましょう!という取り組みがスタートしたのが2019年3月。早いもので、もうすぐ3年です。これまで、皆さんがたくさんのアイデアを出し合いながら進めてきました。

昨年と今年、コロナ禍の中で、なかなか厳しい状況ではありましたが、今回は晴天ということもあり、午前中からたくさんのお客様に起こし頂きました。

ちなみに、私はお昼に、仕事の合間縫って参加しました。

※午前中は、相当混んでいたようです(笑)。

2.今回もたくさんの施設の方が参加されています。

今回は、ウエルカフェマルシェに参加した施設様のご紹介と、私が購入した製品のご紹介をしたいと思います。

(1) 社会福祉法人 緑成会 生活介護『桃の実(もものみ)』様

http://www.ryokuseikai-yokohama.jp/publics/index/161/

今回、初参加の施設。何でも「麦」を育てているとのこと。販売している製品の中には、「麦のドライフラワー」などがありました。私が購入したのは、なんと麦で作った「麦のストロー」。

SDGsの観点からも、いいアイデアだな~、と思いました(笑)。

(2)NPO法人 えだ福祉ホーム様

http://edahome.sakura.ne.jp/

こちらの「えだ福祉ホーム」様は、私が横浜市の市民後見人の勉強をしている際に、実習で勉強させて頂いた施設様です。

えだ福祉ホーム様は、クッキーはもちろん、ケーキもお得意の施設様です。今回は、クッキーを購入しました。これはかなり美味しかったです。

(3)田園工芸様

このウエルカフェマルシェを毎回取り仕切っておられる田園工芸様。
https://www.denenkougei2020.com/

ちなみに、私の家から近くにある施設様です。手作りの製品は、なかなか凝ったものが多いです。今回はコースターも新たに登場しましたが、私が思わず購入したこちらの製品。

何でも、疲れたスマホを休ませるクッションとのこと。
思わず、うまい営業トークに微笑んでしまい、購入してしまいました(笑)。



(4)あしたば工芸様

このウエルカフェマルシェに初回から参加している「あしたば工芸」様

私は、「あしたば工芸」さんの紅茶クッキーとコーヒークッキーが大好物。家内も大好きなので、今回も買いにきましたが・・・。

しかし、コーヒークッキーは午前中に売り切れ! 何とか紅茶クッキーは残り2個のところ、かろうじて購入することができました。上記の写真も、残り少なくなってきているところでした。



(5)ぬい処 結様


結様も、今回が初参加。皆さんの接客が素晴らしかったです。

私は、メガネをいつも机の上に出しっぱなしでしたので、今回はメガネケースを購入しました(笑)。

これからもメガネを、より一層、大事にしたいと思います(笑)。


(6)社会福祉法人グリーン様

https://www.green1993.or.jp/

グリーン様は、色々なお野菜をつくるとともに、ドライ野菜やフルーツも作られています。作物をムダにしない。これもSDGsですね。プラスして、今回はドライ野菜を使ったパスタなども販売されておりました。

今回は、横浜の名産品「浜なし」を使ったドライフルーツを購入。プラスして、家内からのリクエストで、オリーブオイルを入れるだけでドレッシングになるドライ野菜も購入しました。

しばらく食卓のサラダが楽しみです(笑)。

3.最後に

ウエルカフェマルシェも大分軌道にのってきました。今回は好天に恵まれたこともあり、午前中はたくさんの方にお越し頂けました。

このような形で、障害のある方たちや施設の職員の方たちが、精魂込めて作ったものが市民の皆さんに知って頂けること。そして、これをキッカケに、地域の皆さんとの交流が進んでいき、多様性を受け入れる社会、共生社会の実現につながってくれたらと思います。

次回は、来年の春を予定しています。

コロナが収束し、たくさんの方がこのウエルカフェマルシェにきてくれることを祈って、今回の報告を終わりたいと思います。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【関連記事】
障害者施設とウエルシアがコラボしたウエルカフェ マルシェ始動!
https://jlsa-net.jp/syuurou/wellcafe/



【障害のある方・ご家族向け】
日常生活のトラブルからお守りします!
詳しくは下記の無料動画で 


JLSA個人会員「わたしお守り総合補償制度」
 無料資料請求はこちらから


加藤 雅士

1,630,077 views

電子福祉マガジンの編集長。一般社団法人 全国地域生活支援機構 代表理事として広報を担当する。現在、株式会社目標管理トレーニングの代表取締役としても活動を行っ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。